流域下水道概要

■ 流域関連(利用している)市町村

富士吉田市,都留市,大月市,上野原市,西桂町

  • 上野原町は平成17年2月13日の合併により上野原市となっています。

■ 処理水量について

  • 令和4年度1日平均水量…7,154m3

■ これだけ利用できます

  • 供用開始面積…848.22ha(ひろさ)
  • 供用開始区域の人口…27,192人(人のかず)
  • 幹線延長(流域幹線)…44.1km(下水管の長さ)

■ 表 全体計画及び現況(令和4年度末)

項目 全体計画 事業計画 供用開始区域
市町名 計画面積
(ha)
計画人口
(人)
計画面積
(ha)
計画人口
(人)
面積
(ha)
人口
(人)
富士吉田市 106.90 3,230 47.08 1,440 35.05 1,369
都留市 553.10 14,950 320.00 9,260 256.48 8,275
大月市 423.80 9,040 271.80 6,270 171.71 4,299
上野原市 507.80 13,100 360.00 11,030 311.42 10,882
西桂町 101.00 2,940 100.43 3,120 73.56 2,367
合計 1,692.60 43,260 1,099.31 31,120 848.22 27,192
計画処理水量 23,759m3/日 17,116m3/日
下水排除方式 分流式
処理方法 標準活性汚泥法
幹線延長 47.9km 46.6km 管理延長 44.1km
ポンプ場 2箇所 2箇所 2箇所

※ 供用開始区域の面積、人口及び幹線延長は、令和5年4月1日現在の値を示す。


TOPへ